ティア=マナリスについて

ティア・マナリス

ティアとクックル

能力

種族ハーフエルフ
性別
年齢50歳
生まれエルフ

器用度
15
敏捷度
15
知力
14
筋力
12
生命力
14
精神力
16

技能シャーマン
ファイター
ソーサラー
セージ
レンジャー
冒険者レベル
余剰経験値5400
魔力サイレント・スピリット
ハイ・エンシェント
生命力抵抗精神力抵抗
抵抗能力
言語読文共通語エルフ語上位古代語下位古代語東方語西方語
会話共通語エルフ語上位古代語下位古代語東方語西方語精霊語
装備レイピア(14−2)
ダガー(5−3)
ロングボウ(17−5)
ソフトレザーアーマー(7)
攻撃能力 武器 攻撃力打撃力クリティカル値追加ダメージ
レイピア 1410
ダガー  510
ロングボウ2210
回避力防御力ダメージ減少
防御能力

装備など

背負い袋、袋、小袋、水袋
アンブレイカブル
アロー24
たいまつ10、ランタン、ほくち箱、油2
マント、毛布、食器(1セット)、調理道具(1セット)
ロープ(30m)
羊皮紙9、羽ペン、インク
手鏡
楽器(横笛)
メイジスタッフ(5)
宝石:500ガメル相当(エメラルド)×2
魔晶石:4点×2
エメラルドのイヤリング(500ガメル相当) = 魔法の発動体
銀+エメラルドのネックレス(500ガメル相当) = 魔法の発動体
トパーズの指輪(500ガメル相当) = 魔法の発動体
使い魔:白鳩、クックル(♀)

キャラクターの外見

身長147センチ、体重39キロと、ハーフエルフの中でも小柄。
体つきはハーフエルフらしく、やや華奢。
髪の色は金色とライトブラウンのメッシュ、肩よりも少し下ほどまで、髪を自然に流している。
瞳の色はエメラルドグリーン。肌の色は白。
可愛い系の顔をしているが、やや気弱で線が細いようなイメージを受ける。

キャラクターの性格、仕草、癖など

顔を見て受ける印象のとおり、やや気弱でやや内気。
ダークエルフを見かけると、おびえた表情になる。ひどいときは泣き出したりすることもある。
エルフも苦手だったが、今ではだいぶ普通に対することができるようになっている。

呼称

一人称わたし
二人称あなた
三人称●●さん

キャラクターの台詞例

「わたしは、あなたも●●さんも大事に思っているのに、なぜいつもいがみ合ってるの?」

肉親

不明、オランを拠点としていた冒険者だったらしい。
エリストランテフェラ(エリス)、もとはオラン北方ミードの近くにある「深き森」の出身。ダークエルフの襲撃後、(エルフにとっては)異形の娘ともども森を追われる。そのあと住まいにした家も焼き討ちに遭い、そのあとミードの近くの森に人知れず家を構えている。
兄弟姉妹なし。エリスにとって、ティアは初めての娘であり、ティアの父が母と関係を持ったあと行方をくらましたことと、娘がハーフエルフだったことでエルフの男性との関係をもてなかったことで、その後子を儲けることはなかった。

能力、特徴

筋力勇気健康体力敏捷器用美貌知恵知識信仰 愛情社交努力優雅観察指導信念会話人格善悪
      ×    ×

過去、運命、記憶に残っている思い出、心の傷など

小さいころエルフの森にいた時にダークエルフに瀕死の重傷を負っており、ダークエルフが苦手。(そのときの怪我は、母親が治してくれた。)
それからしばらくは二人だけでひっそりと生活していたが、変わった髪は人間にとっても奇異に映ったのか、突然住まいが近くの村人に夜襲を受ける。二人とも命からがら逃げ延びるが、そのとき母親と生別する。
ティアが(なぜか)持っている横笛は、母親がよく吹いてくれていたのとそっくりのものを市場で買った。今でもさびしいときやつらいことがあれば、人気のいないところでそれを吹いたり、腰にぶら下げた笛をそっと触って母親のことを思い出したりしている。
エルフにも小さいころは虐げられていた関係で、エルフも少し苦手。でも、同じエルフでもさすがに母親だけは全面的に好き。

冒険者となったきっかけなど

母と生き別れになったあと、再会を試みたが果たせず、母を捜すためのきっかけになるかもしれないと考え、また当面の生活費を稼ぐために、仕方なく隊商の護衛などの仕事に就く。そのような生活を送っているときに、たまたま親交があったエルフ男性・オーランド=ウッドの誘いがあり、冒険者の仲間入りを果たした。
ソーサラーを志したのは、母探しの助けになると考えたから。隊商の護衛で得られたわずかな報酬を貯めて魔術師ギルドに入り、そこで勉強を始める。実際に魔術を使えるようになったのは、冒険者となった後のことだった。


Back「ソードワールド」トップページに戻る
Topトップページに戻る