旅費・交通費節約ノウハウ

旅行のときでも、日常の移動でも、もうちょっと旅費や交通費が安くなったらいいなと思ったことはありませんか?
こちらでは、様々な方法でそれらを抑える方法を紹介します!

  1. 往復割引を利用する

    JRの運賃は、片道の旅程が600kmを越えると往復運賃が1割引になります。これを利用すると多少は旅費を抑えることが出来ます。

    効果
    楽さ
    応用性
    <例>
    実際の行程切符を購入する区間差額
    東京→神戸
    18,060円(往復)
    東京→明石
    16,820円(往復)
    1,240円
    大阪→小倉
    17,020円(往復)
    大阪→博多
    16,820円(往復)
    200円

    この方法が使えるのは、行程の片道が600kmに若干満たない場合。600kmを若干越える別区間の切符を買うだけで、後はその切符を使って乗り降りするだけなので、楽。
    しかし、値段の割りに節約できないのが珠に瑕。
    また、自分の行程がどれくらいあるのかどうかを確かめるのは、ちょっと大変。

  2. 新幹線・特急間乗り継ぎ割引を利用する

    東京駅を除く東海道・山陽新幹線の停車駅、東北新幹線の八戸駅、上越新幹線の越後湯沢駅・長岡駅・新潟駅、長野新幹線(北陸新幹線)の長野駅、または大阪駅、坂出駅、高松駅で新幹線と在来線の特急・急行列車をその日のうちに乗り継ぐ場合、在来線の特急・急行料金、指定席料金が半額になります。在来線から新幹線へ乗り継ぐ場合は在来線の乗車日かその翌日でも割引になります。(ただし、博多南線、博多〜直方間(篠栗線・筑豊本線経由)は割引の対象にはなりません。)
    このルールを応用すると、意外と旅費が安くなります。
    新幹線の特急料金は、自由席を1駅間(例外あり)だけ利用する場合、かなり料金が安くなります。しかも新幹線から特急にそのまま乗り継ぐと特急料金が半額になるので、新幹線の特急料金よりも特急料金の減額分が上回る場合、その分が節約できるというわけです。
    ちなみに、3番目の例のように特急から新幹線、その後また特急に乗り換える場合、より高いほうの特急料金だけが半額になります。
    また、新幹線から特急に、そしてその後また特急に乗り換える場合、一部例外を除いて新幹線の直後に乗る特急のみが割引になります。

    効果
    楽さ
    応用性
    <例>
    実際の工程切符を購入する区間差額
    新大阪→富山
    8,490円
    (特急指定席)
    新大阪→京都→富山
    7,710円(新大阪・京都間は新幹線自由席、京都・富山間は特急指定席)
    780円
    博多→宮崎
    9,760円(特急指定席)
    博多→小倉→宮崎
    9,180円(博多・小倉間は新幹線自由席、小倉・宮崎間は特急指定席)
    580円
    長崎→宮崎
    13,630円(特急指定席)
    長崎→博多→小倉→宮崎
    13,050円(博多・小倉間は新幹線自由席、長崎・博多間、小倉・宮崎間は特急指定席)
    580円

    この方法は、乗り換え回数が増えますが、場合によっては所要時間を短縮でき、しかも値段も安くなるという一石二鳥の効果が望めます。
    ちなみに、新幹線経由の切符を買っておいて、実際には特急(または普通電車)を利用する方法も、可能は可能です。でも、もしこの不正がばれたら・・・。そのときは自分で責任を取りましょう。
    なお、この方法は、上記の駅以外では利用できません。よって、以下のルートでは特急料金は半額になりません。
    上野−(新幹線自由席)→東京−(特急)→甲府

    なお、先ほど「自由席を1駅間(例外あり)だけ利用する場合、かなり料金が安くなる」と書きましたが、それはどういうことか?
    それは、「区間によっては2駅間だけ利用する場合も同様の料金体系になる」ということなのです。
    その条件は、「開業当時は隣駅同士だった」ということです。
    これらの区間は、新駅が出来た後も、特例区間に指定されているのです。
    東海道・山陽新幹線 東京〜新横浜 品川 三島〜静岡 新富士 静岡〜浜松 掛川 豊橋〜名古屋 三河安城 福山〜三原 新尾道 三原〜広島 東広島 新山口〜新下関厚狭 東北新幹線 古川〜一ノ関 くりこま高原 一ノ関〜北上 水沢江刺 北上〜盛岡 新花巻

  3. 切符の分割購入で安くする

    三大都市圏では、JRに電車特定区間の制度があります。これは、競合する私鉄との運賃の差を少しでも縮めるために、特別に設定されたものです。
    <例>
    大阪・神戸間のJRの運賃は390円です。一方、同じ距離の大阪・王寺(奈良県)の運賃は540円。実に150円の差があります。
    また三大都市圏以外でも、状況は限られるとはいえ分割したほうが安くなる場合があります。

    効果
    楽さ
    応用性
    <例>
    実際の工程切符を購入する区間差額
    東京→大船(神奈川県)
    780円
    東京→川崎→大船
    7400円(川崎で分割購入)
    40円
    大阪→明石
    890円
    大阪→神戸→明石
    680円(神戸で分割購入)
    210円
    名古屋→大垣
    740円
    名古屋→岐阜→大垣
    680円(岐阜で分割購入)
    60円
    札幌→深川
    2,100円
    札幌→豊幌→深川
    1,940円(豊幌で分割購入)
    160円
    仙台→山形
    1,110円
    仙台→熊ヶ根→山形
    1,050円(熊ヶ根で分割購入)
    60円
    広島→岩国
    740円
    広島→五日市→岩国
    710円(五日市で分割購入)
    30円
    博多→荒尾(熊本県)
    1,430円
    博多→二日市→荒尾
    1,350円(二日市で分割購入)
    80円

    この方法は、一旦分割購入駅で下車し、切符を買い換えなければならないという点で、面倒ではあります。でも、組み合わせによっては、第二の例のようにとんでもなく安く買えてしまう場合があるので、調べてみる価値はありそうです。
    問題は、矢張り途中下車が入るという点でしょう。これに関しては、たとえば短期間に何回も乗る場合は、区間を分割して回数券を買うという手があります。
    ちなみに、分割購入駅までの切符を買い、最終目的地の駅で精算するという方法は、どうでしょう?
    この手は、実は使えません。
    というのも、このような場合、乗車駅から降車駅までの運賃と、切符の額面の差額を乗客は払わなければならないからです。(JR西日本の場合は、運送約款 第249条にこの規定が盛り込まれています。)
    よって、回数券を利用するか、もしくは本当に一旦途中下車しないといけません。(片道が100kmを超える場合などは、この限りではありませんが。)


Back「いろんなことのマメ知識」に戻る
Topトップページに戻る